しばらくは、

誰も読んでないとは思いますが、ちょっと長めの回想録を終わり、ここらで一息入れたいと思います!てか、次はどんな感じで行くか?イメージができてないだけだけど(笑)仕方がないので、これから多く出てくるであろう登場人物を何人か紹介しよう!無許可掲載なので、そこのところはご容赦ください!上は、左から林田(俺です!)、岡本さん(MPE社長)、噂の(株)ケンコーポレーション福田社長、今年のドラゴン大会ケンコー…

続きを読む

回想録 最終回②

長崎国体誘致が決まった時、国体を終わらせたら指導の世界からは足を洗い、とりあえず陸上のためにやってきた仕事も辞めて、第2の人生?いやいや余生を生きよう!と決めていた。ところが、人生思うようにいかないもので、目標に掲げた地元国体の3年前、市教育委員会の職務上で大事件が勃発?予定より随分早い「退職」へと大きく舵をきる羽目になる。この話も詳しく話せば3日は掛かりそうな?今となっては超絶面白い話ではある…

続きを読む

回想録 最終回①

何処の風景か忘れた?でもいい感じ 世界中にある数あるスポーツの中で、俺はちょっと結果を出した陸上競技のジュニアの指導者にすぎない。陸上=マラソンだったり100mだったりする一般人からすれば、ある競技のある種目など興味の対象ですらないことを、俺はよく知っているしそれ自体には大した価値も無いのかもしれないとさえ感じる?ただそこに関わった選手たちや保護者の方々、スタッフや支援者にとっては、その小さな…

続きを読む

回想録⑨

「長崎から日本一を!」を掲げ、夢を叶えるまで13年の歳月が流れ、そこから5年で4人の全国チャンピオン、インターハイと国体、日本ジュニア等の俗に言う全国大会で10回勝った。俺は陸上ファンではない!陸上競技の勝負が好きなジャンキーみたいなところがあり、より高いレベルで戦うこと、その緊張感ややり甲斐に魅了されていたのかもしれない。やがて、全国大会で入賞するのは当たり前、勝てなければ残念でした!みないな…

続きを読む

回想録⑧

2003年は正月から地元のメディアに出まくっていた?地元インターハイの前年度、茨城インターハイで2年生だった女子円盤投げの林田を4位、男子やり投げの鬼塚を6位に入賞させていたから、長崎インターハイでの優勝候補として新聞とテレビのニュースに引っ張りだこ!と言うわけだ。弱小県の悲しさがここにある。そこには、まだ若く自分の指導力を評価されたかった俺がいた。「この前テレビ出てましたよね?」地元ではそこそ…

続きを読む