スペシャルデー

こんな感じ、真ん中が早野さん。 何がスペシャルか?って、今日は長崎に早野アニキがやって来る!何しに?母校口加高校で講演するためだが、面白いのはこの講演会はほぼ1年前に決まっていたから、2日前のRUNLinkの記者発表が合わせたようにこの時期になった事。兄貴のことだから今日の講演の中でその様子を流すだろう?生徒は喜ぶやろ!それで良い(笑)その生徒の中には俺の娘(高3)もいる。と、俺はそれくらいで…

続きを読む

早野三兄弟

昨日の13時、RUNLinkの記者発表観ましたかぁ?その後直ぐに、「早野三兄弟」という早野、林田、兵藤で作っているグループラインに早野氏からコメントあり、後半アクセスが殺到し放送がスタックした事を知った。確かに最後の何分か画面が止まってイライラしたけど、まず陸連の専務理事の挨拶から入り、早野さんが説明、スポーツ庁鈴木長官で厚みを出した後、ホリエモンと茂木さんを交えたトークショーときてるから、飽き…

続きを読む

頑張れ若者!

昨日はうちでTTS(トレーナートライアルセッション)の講習が行われていたが、その中に俺の教え子が1人混じっていて、終了後相談があると言うので1時間ばかり話をした。話は多岐に及んだが、要するにこの若者は指導者として本当の意味で成功したい!と願っている、まぁいわゆるヒヨコちゃんだ。こんな時いつも思う、選手は指導者が育てる!じゃあ指導者は誰が育てる?選手は身体的な素質があり、気合いと根性(笑)があり、…

続きを読む

RUNLink 必ず見て

東京マラソンの産みの親、早野アニキ! この早野氏が、13日にタイトルの「RUNLink」について記者発表に出演します!本当はURL?みたいなのを貼り付ければ良いのだろうけど、出来ないのでちょっと口頭で言いますね(笑)まず日本陸連のHPへ、fbをクリックし茂木さんとホリエモンのバナーを探すと、ライブ配信が観れます!これも早野アニキ発案の事業で、俺は2年以上前から聞かされていたから「ようやく?」感…

続きを読む

視点

昨日は諫早のマンションを朝7時前に出発して、大分県にある日本文理大野球部の監督、コーチ、トレーナー、数名の選手たちを対象にフィジカルチャージメソッドのプレゼンをしてきました!このチームは九州の大学野球では常勝チームらしく、専用野球場も付随施設も素晴らしかったが、何よりもプレゼンを行なった部屋が、練習試合をやってる最中のバックネット裏のスタッフルームというのがラッキーだったか?自分の受け持ちを終え…

続きを読む

しばらくは、

誰も読んでないとは思いますが、ちょっと長めの回想録を終わり、ここらで一息入れたいと思います!てか、次はどんな感じで行くか?イメージができてないだけだけど(笑)仕方がないので、これから多く出てくるであろう登場人物を何人か紹介しよう!無許可掲載なので、そこのところはご容赦ください!上は、左から林田(俺です!)、岡本さん(MPE社長)、噂の(株)ケンコーポレーション福田社長、今年のドラゴン大会ケンコー…

続きを読む

回想録 最終回②

長崎国体誘致が決まった時、国体を終わらせたら指導の世界からは足を洗い、とりあえず陸上のためにやってきた仕事も辞めて、第2の人生?いやいや余生を生きよう!と決めていた。ところが、人生思うようにいかないもので、目標に掲げた地元国体の3年前、市教育委員会の職務上で大事件が勃発?予定より随分早い「退職」へと大きく舵をきる羽目になる。この話も詳しく話せば3日は掛かりそうな?今となっては超絶面白い話ではある…

続きを読む

回想録 最終回①

何処の風景か忘れた?でもいい感じ 世界中にある数あるスポーツの中で、俺はちょっと結果を出した陸上競技のジュニアの指導者にすぎない。陸上=マラソンだったり100mだったりする一般人からすれば、ある競技のある種目など興味の対象ですらないことを、俺はよく知っているしそれ自体には大した価値も無いのかもしれないとさえ感じる?ただそこに関わった選手たちや保護者の方々、スタッフや支援者にとっては、その小さな…

続きを読む

回想録⑨

「長崎から日本一を!」を掲げ、夢を叶えるまで13年の歳月が流れ、そこから5年で4人の全国チャンピオン、インターハイと国体、日本ジュニア等の俗に言う全国大会で10回勝った。俺は陸上ファンではない!陸上競技の勝負が好きなジャンキーみたいなところがあり、より高いレベルで戦うこと、その緊張感ややり甲斐に魅了されていたのかもしれない。やがて、全国大会で入賞するのは当たり前、勝てなければ残念でした!みないな…

続きを読む

回想録⑧

2003年は正月から地元のメディアに出まくっていた?地元インターハイの前年度、茨城インターハイで2年生だった女子円盤投げの林田を4位、男子やり投げの鬼塚を6位に入賞させていたから、長崎インターハイでの優勝候補として新聞とテレビのニュースに引っ張りだこ!と言うわけだ。弱小県の悲しさがここにある。そこには、まだ若く自分の指導力を評価されたかった俺がいた。「この前テレビ出てましたよね?」地元ではそこそ…

続きを読む