さて、回想録でもいきますか!①

思えばいつも探していた気がする?
高校生アスリートをまるでタイムスリップさせるような画期的なトレーニング方法無いんかいな!と。
入学から約2年と4ヶ月で全国高校総体に連れて行き、そして勝つ‼︎
陸上競技界ではやっぱりインターハイを勝つことが最高の目標であり、指導者もまた最高の評価を得ることから、誰もが目指す高みである。
2年と4ヶ月とはどんな時間なのか?
これが最高に上手くいっての使える時間なので、途中スランプがあったり故障や怪我があると、たちまちその時間は短縮されてしまう。
そんな局面で指導者なら必ず一度は考える、時間を巻き戻しあの時間からやり直したい!だったり、あと少し時間をください!と、なんと勝手な神頼み根性(笑)
ただこれが超一流の現場でも普通に起こっている日常なんだ!
だからこそ指導者は探し続けなければならないと思う。
どこでもドアなど無いことがわかっていても、世の中の情報に敏感に反応するアンテナを持っていた方が良い?
しかし、流行りばかり追いかけていてもなかなか上手くいかない?テレビの情報を鵜呑みにしてはいけない!
こんなこと言ってると、ややこしい仕事やな指導者なんて!て思われる(笑)
でも俺は見つけちゃったんだ・・・

この記事へのコメント