回想録⑤

さて、そんなこんなで長崎に帰った俺に県陸協から強化部の投てきコーチになって欲しい旨の申し出があり、23才で強化部入り、29歳の時には強化副部長をしていたから、その当時他県では考えられない?若造の快進撃だったかもしれない。そんな流れで、俺を大抜擢してくれた強化部長と共に、長崎県の陸上界を大改革して行くことになる訳だが、就職浪人中グレかけていた俺を救ってくれたある出来事がある。長崎に帰るとすぐに、恩…

続きを読む