回想録⑤

さて、そんなこんなで長崎に帰った俺に県陸協から強化部の投てきコーチになって欲しい旨の申し出があり、23才で強化部入り、29歳の時には強化副部長をしていたから、その当時他県では考えられない?若造の快進撃だったかもしれない。そんな流れで、俺を大抜擢してくれた強化部長と共に、長崎県の陸上界を大改革して行くことになる訳だが、就職浪人中グレかけていた俺を救ってくれたある出来事がある。長崎に帰るとすぐに、恩…

続きを読む

ひとやすみ

長崎の諫早駅前にあるセントラル事業本部事務所にて、これから資格取得研修会が開かれる。写真はスタッフ紹介の様子。 岡本社長が視察に来られているため、心なしかいつもより会場に緊張感がある?今日から2日間、うちのスタッフにとっても貴重な時間になるだろうな!

続きを読む

回想録④

写真が謎のフィリピン人?辻弘雅先生。(サチュレーションしてる人) この春、まだ優勝候補だった中村健太郎選手を連れて、大分で開催されていたダイヤモンドアスリートの合宿をサボって、長崎に合宿に来ていた変わり者?インターハイ勝てたから良かったものの、負けてたら?・・怖っ。巻き込むなよ俺を! 大学時代の話は公に話せることが少ないので割愛させていただくとして、一応生きた証として数多くの伝説だけは作って…

続きを読む

ひとやすみ

この風景は何処だと思う?夕焼けか?朝焼けか?どちらでしょう? 今朝早く雲仙の裾野がこんななってました!正解は午前7時頃の朝焼けです!

続きを読む

回想録③

前回話した2人の英雄、福田健蔵氏は俺が指導している時からめた今でも、陸上部に多額の寄付をしてくれているし、早野氏は東京マラソンのトップであり国際陸連のランニングコミッション委員として、今まさに世界を駆け巡り活躍してくれている。こんな環境で、どうすれば俺みたいなぐうたらが生まれたか?それが問題!かな。さて、そろそろ自分の事を話しましょうか!1984年、とりあえず九州チャンピオンくらいの実績で大阪体…

続きを読む

回想録②

我が母校、長崎県立口加高等学校とその陸上競技部が生んだ2人の英雄の話をしておこう!一人は、現在東京マラソン財団でレースディレクターを務める(レース中先頭グループの前でバイクに二人乗りしてペースメーカーにレースペースの指示をしている人のこと)早野忠昭氏である。彼のプランで東京マラソンは世界記録ペースや日本記録ペースを自在に作り出していると言えるのだが、昨年のキプサング選手の2時間3分台の演出、記憶…

続きを読む

さて、回想録でもいきますか!①

思えばいつも探していた気がする?高校生アスリートをまるでタイムスリップさせるような画期的なトレーニング方法無いんかいな!と。入学から約2年と4ヶ月で全国高校総体に連れて行き、そして勝つ‼︎陸上競技界ではやっぱりインターハイを勝つことが最高の目標であり、指導者もまた最高の評価を得ることから、誰もが目指す高みである。2年と4ヶ月とはどんな時間なのか?これが最高に上手くいっての使える時間なので、途中ス…

続きを読む

はじめに

このたびMPEのホームページ上で、気の赴くままの呟きを書かせてもらうことになりました、セントラル事業本部統括の林田義博です!以前、県立高校の陸上部を26年間指導していた際に、下宿生の保護者のために!と個人的なブログを立ち上げ約8年間、ほぼ毎日更新していた事もあり、自分の考えや思いを文章にするのは嫌いではなかったが、今回は責任ある立場と言うこともあり、私、僕、俺のどれ使う?やら、以前のブログでは周…

続きを読む